Medical

最新の技術

歯科治療の平均的な治療費

歯科治療にかかる治療費用は、患者の症状や要望により大きく上下することになります。保険治療とするか、自費治療とするかの判断によって治療内容や費用は異なります。インレーやクラウンなどは治療の際に用いられる機会も多いので、平均的な金額について事前に調べておくことで落ち着いて自分に適切な治療法を選択することができると思っています。虫歯治療後の詰め物として使用されるインレーは保険インレーと呼ばれる合金で平均治療費が2000円、見た目もよいオールセラミックは平均40000円とされています。基本的には材質が高価なものほど金額は高くなります。歯冠補綴物のクラウンは保険適用のプラスチックが平均5000円、オールセラミックが前歯だと平均10万円と言われています。前歯や奥歯、使用する材質により金額は上下します。

虫歯の進行度合いについて

歯科治療と言えば虫歯治療が最もポピュラーだと思われます。虫歯は症状の度合いを4つに分け、それぞれを簡単な英数字で表しています。学生のころ、歯の検査で歯科医師さんが自分の歯をチェックしながら何やら呟いていたのがそれに当たります。C0は歯の表面が白く濁ったり、茶色になっている状態を指します。虫歯の初期状態と言われており、虫歯の予防など再石灰化の期待も高いです。C1は細菌が侵入して穴が開いた状態で、C2は象牙質まで細菌か侵入した状態となります。歯の中で虫歯が進行し、食べ物により歯がしみるようになります。C3は炎症を起こし痛みを伴うようになります。C4にもなると痛みすら感じなくなり、神経が死んでしまいます。どのレベルにあっても必ず歯科医院で診察してもらい、適切な治療法を取るようにしましょう。放置しておいても良いことは1つもありません。